- tsukigata art project -

月潟アートプロジェクト

niigata

tsukigata

《 月の夜を見る 》
部屋名:蛍光灯の間
制作年:2018年
場 所:新潟県新潟市南区
主 催:水と土の芸術祭- 市民プロジェクト-
種 別:インスタレーション
素 材:きむらや、料亭の家財、部屋、電球、パソコン、当時の写真
内 容:2017年より地域の課題解決のためのコミュニケーションの場づくりをきっかけに、かつて芸妓で賑わった元料亭の空き家まるごと作品にすることを始める。作品を通して会話を行い、住民の時間の流れと居場所を確認しながら、2018年の水と土の芸術祭の出展作品へと繋げて行く。2017年の は、会話の内容を引き出すための作品で、実際に歩いた町の形を地図の様に見立てた。結果的に月潟劇場(映画館) を見つける事となり、2018年の は、その会話の流れを踏まえた上で入口から出口までの物語をきむらやに在る物を軸に形を起こして行った。
 
photo by Masako Naito (Sunday Photo Studio)
《 冷像庫 》
制作年:2018年
場 所:新潟県新潟市南区
主 催:水と土の芸術祭- 市民プロジェクト-
種 別:インスタレーション、ツアー形式展示
素 材:月潟劇場(映画館) の歴史、住民の記憶、忘れ去られた木材と荷物、電球、パソコン
内 容:月潟地区に現存する住民にも認知されない劇場が作家の取材と会話の中から偶然見つけ出された。その空間は、当時の活気ある映画館の痕跡を2 台の映写機と多くのフィルムと共に残されており、閉鎖後は木材置き場として、更にその後は周辺住民の荷物置き場として、時代の過程を荷物として層を重ねて静かに保存されていた。初めて足を踏み入れた時に感じたカビ臭くも冷えて湿った空間が、良くも悪くも劇場を延命させていると感じさせる。そして、縁もゆかりもない私たちには、見えない筈の当時の映像が映し出される錯覚を劇場を知る方々との出会い重ねていく内に感じられることが、ツアー形式の展示作品のコンセプトとなった。劇場のみならず町にある文化を見直すきっかけになればと提案をさせて頂いた。
 
photo by Masako Naito (Sunday Photo Studio)
《 月潟写真展 》
種 別:インスタレーション
素 材:木村屋二階、料亭の破片、料亭の記憶、料亭の自転車、月潟の面影、木端、照明、配線
制作年:2017年
町の人たちの会話から生まれたアイデアを形にするために、風景写真を集める事が出来た。写真を眺めるだけでなく、旧料亭きむらやの調度品を写真と一緒に飾り置いていく、町の空気感を建物一帯で感じて貰えるように当時の記憶を並べて行った。
 
photo by Masako Naito (Sunday Photo Studio)
《 語らいの間 》
制作年:2017年
種 別:インスタレーション
素 材:木村屋二階、料亭の破片、料亭の記憶、料亭の自転車、月潟の面影、木端、照明、配線 
語らいの間の為に作り上げた空間作品。旧料亭きむらやを掃除して、調度品を磨いて、整理整頓をしていき、スポットライトを当ててみると、ホコリや物の影で隠れていた歴史やその背景を想像させてくれる様なきっかけが輝き出してくる。
 
photo by Masako Naito (Sunday Photo Studio)