-art-architecture-video-

ABOUT OBI

about

the company

立半身_鈴木泰人 (1)

美術作家/アートディレクター

鈴木 泰人

YASUHITO SUZUKI

神奈川県出身・在住。生活の中にあるありふれた光と陰や居場所を測ることを題材にした表現で作品を発表し現在に至る。扱う画材や素材は顔料絵具を始めインクやペンを扱い、インスタレーションやパフォーマンスなどにおいて民族楽器や照明を利用し、表現方法は多岐に渡る。また、地域と美術の課題にも積極的に取り組み、見る事の出来ないモノや見ようとしないモノにスポットを当てて形に起こしていく。

OBI_Tomomi3_s

建築家/プロデューサー

本間 智美

TOMOMI HOMMA

新潟県出身・在住。設計事務所を主宰し、20年住んだ名古屋から2014年に新潟市にUターン。都市デザインの視点から、地域に根付いた文化を再編集し、包括的な社会整備に取り組む。建築以外にもプロジェクトの企画・商品開発・マーケティング・ブランディングまで、国内外問わず幅広く担当する。新潟市南区まちづくりアドバイザー。

映像作家/プロジェクトマネージャー

水野 祐介

YUSUKE MIZUNO

新潟県出身・在住。大阪芸術大学映像学科を卒業後、東京で映像の脚本を書きながら、コピーライター、フライヤーデザイン、映像・看板・印刷物などの制作管理、映画記事の編集を行う。2017年、新潟にUターン。水と土の芸術祭事務局の運営や作品制作のスタッフとして勤めた後、現在は合同会社OBIにて映像制作を中心に担当。

OUR POLICY

OUR HISTORY

鈴木泰人(美術作家)、本間智美(建築家)、水野祐介(映像・製作)の専門領域の違う3人によって組織されたアーティスト・コレクティブ。

社会における見えにくい素材を扱い、文化と社会をアートで結ぶ表現活動を行なっている。表現の方法、表現の分野は多岐に渡るが、会話や対話を軸にして解決の糸口からその後の発展までを総合的に創り出すプロセスを含めることが特徴的である。

OBIとは日本語の帯から由来し、社会における多分野(経糸)を人と人との交流(横糸)で接点をつくるだけでなく、風土や文化の文脈、見えない/見えにくい想いを紡いで、丁寧に・丁寧に紐を編み、多様な世界観を結び合わせていく。

また1冊の本のように、1ページ・1ページ、過去から現在が現代に合わせて編集・可視化し最後に未来への新しいページが、その本に書き込まれたとき、ふたつとない帯をつけて手から手へ手渡される。

≪WORKS ≫

2017年
・合同会社OBI設立(12月)
・月潟アートプロジェクト
・(株)木屋様社屋リノーベーション

2018 年
・新潟市南区支えあいの仕組みづくりWS(新潟市南区役所)
・水と土の芸術祭2018 市民プロジェクト 招聘
・月潟アートプロジェクト2018
・六甲ミーツアート2018 芸術散歩 出展
・ヤングアート長岡2018 芸術工事中 招聘
・リノベーションEXPO2018 新潟
(会場ディレクション、インスタレーション作品展示)
2019年
・沼垂しんこや様リノベーション
・㈱沼垂ビール様新商品デザインディレクション
・月潟アートプロジェクト2019「つきのよると上映会」
・フランスオルレアンー新潟市南区交流事業
・同上Art unit OBI EXPOSITION D’ART “Maturation”
・伝統工芸「白根仏壇」新商品開発“myaku myaku”
・六甲ミーツアート2019芸術散歩 招聘
2020年
・新潟市南区農泊推進事業ディレクション(2018年より継続)
・ハワイー新潟市南区交流事業
・旧飯原時計店「空屋プロジェクト」
・月潟アートプロジェクト2020
・キプロスー新潟市南区交流事業
・ルレクチエブランディング(2017年より継続)
・福山ロイヤルホテル様リノベーション工事
・ ㈱沼垂ビール様工場移転・店舗改装工事

≪ PRIZE≫

2018 年
・六甲ミーツアート芸術散歩2018 公募大賞グランプリ受賞
・六甲ミーツアート芸術散歩2019 オーディエンス大賞受賞